紫外線はニキビに悪影響、ニキビ跡の原因にも

ニキビは空気乾燥やストレスによる外的刺激に極めて弱い特質があるので、 日頃から屋外で浴びる紫外線も悪影響をもたらす要因になります。

紫外線でお肌にトラブルが起きる代表的な症例はシミや雀斑などがよく挙げられますが、 既存のニキビも毛穴の皮脂を必要以上に酸化させ、 活性酸素を促進する原因にもなり、ニキビ跡のような色素沈着を生成させる元にもなります。

また紫外線を浴びる事で肌表面を必要以上に防護しようと角質を過剰に厚くさせる作用もあるので、 皮脂汚れが溜まり易い最悪な肌環境になり、未来のニキビに発展させてしまう事もあるのです。

紫外線を防いでニキビの無い肌へ

紫外線をニキビから直接避ける為には、UV機能を搭載した帽子をかぶったり、 肌に優しいSPF度数が低い日焼け止めでケアするのが一番適切な方法です。

そしてニキビは過剰な油分にも敏感なので、紫外線ブロック効果も兼ね備えたパウダータイプのファンデーションの塗布も有効で、 リキッドタイプよりは皮脂の吸着には優れているので、化粧する際はサラッと軽く仕上げるのがお勧めです。

紫外線対策は夏場に集中して頑張ってケアしている人が多いですが、 意外に紫外線はオールシーズン晴れ間のある日は強く降り注ぐものです。

何時までもニキビがない美肌をキープしたいなら、 毎日の保湿ケアと併用してUVケアも抜かりなく行える専用化粧品も揃えておくのが良いです。 また外出時は出来る限り日傘を差したり、サンバイザーなども活用したりして、極力日光を肌に直射させないように心掛けましょう。