大人になってもニキビはできる

年頃の男女に見かけられる悩みとしてあげられるニキビですが、大人になってからも悩まされている人は実は多いのです。 ニキビという症状は、日本人のほとんどの人が経験しているものです。

毛穴に皮脂がたまってきて、その場所にアクネ菌などの細菌が増えることによって炎症が起こってきます。 これをニキビと呼んでいるのです。

皮脂分泌の盛んになってくる年代のものと大人になってから、 特に20代の女性を中心に見られる年代のものの2つの時期がニキビに悩まされやすい期間となります。

大人ニキビは何故できる?

女性の社会進出がよくいわれるようになってきました。 仕事に忙しくなる女性の割合が増えてくるとともに、大人ニキビに悩まされる女性の数も増加傾向にあるのです。

仕事が忙しくなってくると生活習慣が乱れてきます。 ニキビを誘発するものとして、睡眠不足や不規則な食事、便秘、仕事や対人関係におけるストレスなどがあります。

ニキビというものは、最初は白いニキビなのですが、治療をしないで放置していたりすると段々と赤いものに変化していきます。 赤くなった状態のニキビを無理に破いたりすると、色素沈着などが起こってしまって、ニキビ痕として残ってしまうのです。