初期の白ニキビが悪化すると赤ニキビに

顔若しくは体の各所にブツブツが出来る事が在ります。 これは俗に言うニキビであり、医学的な名称としては「尋常性瘡」となります。

このニキビですが、原因は毛穴がホルモンと最近と皮脂の相互作用に因って炎症を起こす事ででき、「出来物」ともいわれています。 皮膚をあまりケアしていない場合、ニキビが出来る確率は高まります。また、皮脂が多く分泌される部位に起こり易いともいわれています。

白ニキビという状態は、ニキビが出始めた段階となります。これは毛穴が詰まっている状態であり、速やかにケアすべきです。 ケアを怠った場合、炎症を伴う赤ニキビとなってしまいます。

赤ニキビとなる理由ですが、これは皮脂の過剰分泌とされています。 本来皮脂は肌を湿潤させてれる役割を担っており、雑菌等を防いでくれるものとなります。しかし、度が過ぎるとニキビを悪化させてしまう厄介者となります。

ストレスや疲労に因って、免疫能力に異変が生じた場合に皮脂の分泌に影響が出るようであり、ストレス解消をしたり疲労回復に努めるべきでしょう。 また、レモンや馬鈴薯に含まれるビタミンCを摂取するのが有効とされており、特に馬鈴薯のビタミンCは熱に強いという特質が在ります。

赤ニキビ状態であれば、掻く事は良くありません。症状を悪化させるだけであり、叩くのも良くありません。 医薬品で対処する場合ですが、基本的には皮膚科医で診療を受け、処方箋に基づいた医療用の医薬品を使った方が無難となります。 抗炎症作用が期待できる薬が有効であり、自分でアルコール消毒してニキビを潰すのは好ましくありません。