髭が似合う人と似合わない人の違い

男性にとってのヒゲって、どちらかというと魅力的なものとして捉えられているような気がします。 実際、ヒゲをオシャレとして伸ばしている人はたくさんいますし、オシャレなヒゲじゃなくても(つまり無精ヒゲ)でも似合う人は似合うんですよね。

例えばワイルドな役をやるときに無精髭を生やす俳優さんがいるように、カッコイイ人がやると男っぽさが増す感じです。

しかし、ヒゲが人一倍濃いにもかかわらず、全くヒゲが似合わない人もいます。

ちょっと幼さの残る顔立ちや、どちらかというと中性的な感じの人に多いです。このような顔立ちの人がヒゲを伸ばすと違和感が半端じゃありません。

ニキビがあると髭が似合わない?

ヒゲが似合わない人のもうひとつの原因がニキビです。 ニキビが顔中に出来ていることは、ヒゲが似合わない一番の理由なんです。

ニキビだらけの顔にヒゲを伸ばしてしまうと、とても不衛生な見た目になってしまいます。 オシャレに髭を生やすポイントは何と言っても清潔感を維持することなので、ニキビとの組み合わせは最悪です。

またニキビがあると、ヒゲ剃りをする際どうしてもシェーバーがニキビに当たります。 そうすると治りを遅らせ、いつまで経ってもニキビが治らないという悪循環に陥るわけなんです。

となると、ニキビが治るまではヒゲを放置しておくのが一番効果的だという事になりますが。 ビジネスのシーンにおけるヒゲというのは、エチケット的に問題があり、ヒゲを剃らないわけにいかない人も多いでしょう。

このように髭が原因でニキビができてしまう方は、まず髭を剃る回数を減らし、肌へのダメージを最小限にすることが第一です。

髭を完全になくすには脱毛サロンに通って脱毛するのがベストですが、費用もかなり掛かります。

コストを抑えたい方には化粧水感覚で毎日使うことで髭対策ができる、抑毛ローションがおすすめです。

参考:ゼロファクター徹底ガイド