? 界面活性剤はニキビの原因?

洗顔料に含まれる界面活性剤がニキビの原因になる?

界面とは、表面という意味があります。「界面活性剤」は混ざり合わない成分の表面に必ず界面ができることから、このような名がつけられたとされています。

界面活性剤は、主に洗剤や洗顔料、石鹸に含まれています。中には使用されていないものもありますが、ほとんどの商品に使われているのではないでしょうか。

顔や体、衣類に使用することで、肌に蓄積された不要な皮脂や汚れ、服に付着した汚れを落とす役割を果たしているのです。

界面活性剤が肌に与える影響は?

汚れがよく落ちる上に価格が安い石鹸や洗顔料、洗剤は、消費者にとってありがたい存在です。実際にスーパーやドラッグストアーで売れている商品も、安くて汚れがよく落ちる商品ではないでしょうか。ただ、そのような商品にはほとんど界面活性剤が使用されています。

界面活性剤は角質層の皮脂を落とし過ぎてしまうというデメリットもあるので、頭に入れておかなければなりません。肌表面のバリア機能が乱れやすくなるため、外気の刺激を受けやすくなります。負担もその分大きくなるので、肌の弱い敏感肌の人は特に注意しなければなりません。

汚れがスピーディーに落ちるのは良いことですが、メリットだけでなく、デメリットも考えておきましょう。

石鹸は界面活性剤より肌にやさしい?

石鹸は、動物や植物など天然の素材を使っています。これらから取れる油脂を煮てじっくり作られるのです。合成界面活性剤使用という商品は石油を原料として作られています。原料が少なくなった戦後にこの方法で石鹸や洗顔料、洗剤が作られることが多くなりました。

石油を原料とした合成界面活性剤使用の商品が増え、現在はそれが当たり前のように使われています。しかし、合成界面活性剤は刺激を受けやすいため、肌に合わずトラブルになる人もいます。

安いという理由だけで、石鹸や洗顔料、洗剤を選ぶのはNGです。肌に合わない商品を使ってトラブルにならないためにも、自分の肌を知り購入する前に合わない成分が入っていないか必ずチェックしましょう。

参考:http://www.minasic.com/